採用のご案内

  • 医師採用のご案内
  • 看護師の募集
  • セラピストの募集
  • 健育会とは
  • 健育会で働いて感じた仕事のやりがい

「職員のお子さんを預かることの意味」

Vol. 013平成27年11月

■職種:
保育士
■勤続年数:
10年3ヵ月

私は西伊豆健育会病院の保育室に勤務してから10年になります。丁度、10年という節目の年に、前任のリーダーの定年退職に伴い、10月からリーダー業務を引き継ぐことになり身の引き締まる思いでいます。

現在、保育室では当院の児童だけでなく、介護老人保健施設しおさい、土肥クリニックの児童の保育も行っています。我々保育室ではサポート部門として、お子さんのいる医療職の方々が働き易い環境作りを実践しています。

また地域への貢献も大事な仕事であると考え、BLS委員会に所属し、事業所やイベントなどでBLS講習会を実施し、院内だけでなく院外でも活動を行っています。その他、地域活動にも児童と積極的に参加し病院のPRをしつつ、児童にも地域の人達と触れ合う場を持つようにしています。先月、JA伊豆太陽農協さんと協働で栽培していた、ジャンボ落花生とさつまいもを収穫し、その時の写真がJA伊豆太陽農協さんの広報誌の表紙となりました。この表紙にあるように児童たちの笑顔が溢れていることが、今の私の仕事のやりがいとなっています。これからも子供達が笑顔でいられるよう、さらに保育室のリーダーとして保護者にも信頼を得られるよう頑張っていきたいと思います。

「健育会グループで働いて感じた仕事のやりがい」へ戻る