病院指標

平成30年度 西伊豆健育会病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1 2 7 16 25 79 230 393 194
地域柄、入院された方の大半が高齢者となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 50 21 2 85.86
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 49 25.71 4.08 81.9
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 38 24.26 10.53 84.68
100380xxxxxxxx 体液量減少症 25 29.92 0 83.4
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 19 35.05 5.26 84.05
内科疾患では、慢性心不全の急性増悪、尿路感染症、誤嚥性肺炎による入院が多くなっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 29 61.48 24.14 84.79
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 14 39.07 0 83.43
070510xx99xxxx 痛風、関節の障害(その他) 4 48.5 0 85.5
160800xx99xx0x 股関節・大腿近位の骨折 4 57.25 0 73.25
160980xx99x0xx 骨盤損傷 4 30.25 0 88
整形外科では、転倒による大腿骨頸部骨折、胸腰椎圧迫骨折が多くを占めます。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 20 26.6 5 78.1
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 15 2.53 0 69.33
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 12 6.92 8.33 76.42
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 5 18.8 0 82.2
180040xx99x0xx 手術・処置等の合併症 4 10 50 78.25
泌尿器科では、慢性腎不全、前立腺癌、膀胱癌による入院が大半です。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 0 0 0 0 4 2 1 7
大腸癌 0 0 0 0 1 6 1 7
乳癌 0 0 0 0 0 1 1
肺癌 0 0 0 0 2 5 1 7
肝癌 0 0 0 0 0 0 1
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌に関しては、ほぼ一時的な入院となります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 5 26.2 63.6
中等症 47 27.53 84.47
重症 7 36.43 91
超重症 2 9 86.5
不明 0 0 0
高齢者が多い為、肺炎は中等以上の方が多いです。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 13 22.38 83.77 13.64
その他 9 49.56 84.11 18.18
発症より3日以内で無かった場合、入院期間が長引く傾向にあります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K654 内視鏡的消化管止血術 7 2.71 21.86 14.29 78.71
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 4 0 1 0 70
K0021 デブリードマン(100cm2未満) 1 0 1 0 81
K0022 デブリードマン(100cm2以上3000cm2未満) 1 0 27 0 75
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 1 10 18 0 93
内科手術は、内視鏡による消化管止血術・ポリープ切除術が大半を占め、若干の褥瘡に対する処理となっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 30 2.27 64.83 23.33 86.17
K0811 人工骨頭挿入術(股) 10 3.1 61.6 20 83.7
K0003ロ 創傷処理(筋肉、臓器に達する)(長径10cm以上)(その他) 1 0 8 0 72
K0021 デブリードマン(100cm2未満) 1 0 71 0 75
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 1 1 10 0 84
整形外科手術では、整形外科での入院の多くを占める大腿部頚部骨折に対する手術が9割以上です。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 12 1.33 4.58 8.33 76.42
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 3 0.33 2 0 76.67
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 2 37.5 15.5 0 79.5
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) 2 0.5 6.5 50 74
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 2 1 11 0 69.5
泌尿器科手術では、膀胱癌に対する手術が大半を占めます。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0
異なる 0 0
180010 敗血症 同一 3 0.33
異なる 1 0.11
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 0 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 5 0.54
異なる 0 0
高齢の方が多く、敗血症となっている方、術後に感染を起こす方が若干見受けられます。

更新履歴
2019/10/01
平成30年度分の公開