広報

マルチスライスCTの導入

マルチスライスCT

特徴

  • 一度に16断面を撮影出来るので、従来のCTに比べ格段に検査時間が短くなりました。
    【例:肺野30cm 従来型CT 30秒程度 → 16chマルチスライスCT 10秒程度】
  • 微小な病変から、複雑な血管描出に優れ、病気の早期発見、予防に大変有用的なCTです。
  • 頭部、胸部、腹部、四肢などの全身を一度に撮影できるので、患者様の検査負担が大幅に軽減できます。
  • 撮影した輪切りの画像から、任意の角度の断面像や3次元画像を作ることが出来るので、診断能が大幅に向上しました。
  • 最新技術でX線被曝を同等機種に比べ約2/3に抑えて撮影できるので、安心して検査が受けられます。